弥生販売・販売大臣など販売管理ソフトと連携して利用する契約管理ソフト。手間を削減し、プロジェクト毎の損益計算を可能にします。

特長

手間の削減によるミスの防止

契約明細入力・売伝転送

契約データ登録で、伝票データを生成

契約台帳を登録し、契約データの管理を行う事が出来ます。
年間契約の場合は1年分、有期契約の場合は契約月数分の、定期的に発生する売上データと、仕入データを登録しておく事ができます。

売上や仕入が定期的に発生するお客様から、「毎月毎月、売上伝票登録しなければならないのか?なにか方法はないの?」
というご要望をよくいただいておりましたのが、当システムの開発のきっかけとなりました。

「フォーカス契約管理」なら、上記のように契約台帳として、定期的に発生する売上・仕入を登録でき、販売管理ソフトの売上伝票・仕入れ伝票として転送する事ができますので、毎月の伝票入力の手間を削減し、さらに入力ミスを減らし、請求・支払の漏れ等を防止して、業務改善のお役にたちます。

プロジェクト単位での利益の把握

利益表出力画面・契約管理利益表

様々な単位での利益を把握

「フォーカス契約管理」では、契約毎、得意先毎、プロジェクト毎の利益を管理できます。
契約登録時に、売上・仕入・経費を登録できます。更に、プロジェクトも登録する事ができます。
これらのデータを登録することにより、当システムの利益管理帳票によって、下記のような項目の出力が可能です。

得意先毎・部門毎・プロジェクト毎・商品毎の
売上/構成比 仕入/構成比 経費/構成比 粗利/構成比 粗利率

  • ある年間契約の仕入、経費がどの程度かかっているのか?
  • どのような経費が、どこに、どれだけかかっているのか?
  • 特定の商品(サービス)又はプロジェクト単位では、利益は出ているのか?

等々、契約毎の採算を見える化して、貴社の利益アップに貢献します。

販売管理ソフトとの連携

各マスタ・契約管理得意先一覧

マスタは登録不要

お使いの販売管理ソフトに登録されている、得意先、仕入先、商品等のマスタデータを、別のソフトに入力するのは面倒ですし、修正があった場合、両方修正する必要があったりと、運用が煩雑になり、データの整合性が取れないようなミスも発生しがちです。
フォーカス契約管理なら、販売管理ソフトに登録されたデータを、そのまま参照する事ができますので、入力の手間がなく、登録・修正も販売管理側のみでよく、当然のことながら、データの整合性も確保されます。
毎月の請求書を売上伝票として、支払を仕入伝票として、販売管理ソフトに転送する事ができます。請求書の発行や入金の消し込み、支払管理、会計システムとの連携などは、販売管理システムに任せて、業務の効率化を図ります。

※現在は弥生販売に対応しています。
※弥生販売ネットワーク製品の場合は、プロジェクト台帳も参照可能です。
※今後の対応予定  応研:販売大臣

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6824-1001 平日9:30~12:00/13:00~17:30

PAGETOP
Copyright © 株式会社ディー・マネージ All Rights Reserved.